ニキビと洗顔

思春期のニキビ、大人になってからのニキビ・・・一度はニキビで悩んだことがあるのではないでしょうか?

ニキビを治したいと強く思うあまりに、洗浄力の強い洗顔料や一日に何度も洗顔をする。なんてことはありませんか?

ニキビの原因はさまざまな要素があり、人によって原因が違います。
例えば、思春期のニキビの場合、成長期に成長ホルモンの分泌が一時的に増えてしまうので皮脂が過剰に分泌されます。そのため毛穴が詰まりやすくなり、皮脂を好む菌が繁殖。
おでこや鼻の周りのTゾーンに出来やすいのが特徴です。

一方、大人のニキビの原因は、睡眠不足や不規則な生活。
偏った食生活、疲れやストレスなど…原因も複雑です。

洗顔料を選びで注意することは、必要以上に皮脂や潤いを落とさない事です。
汚れをしっかり落とすことは大事ですが、洗浄力が強いものを選んでしまうと刺激が強く、逆にニキビを悪化させてしまうことがあります。

洗い方にもポイントがあります。
手や指で力を入れてゴシゴシ洗顔するのはNGです。
ニキビを悪化させるほかに、シワの原因にもなりかねません。
洗顔ネットなどを利用してしっかりと細かい泡を作り、泡で優しく洗うようにしましょう。
タオルで顔を拭くときもゴシゴシこするのではなく、肌に当てて優しくおさえるように水気を摂りましょう。

コメントは受け付けていません。