敏感肌向けの正しいメイク落とし

敏感肌の人は、元々皮脂の分泌が少なく、乾燥しやすい肌なので、普通の肌の人よりもより適している商品が限られてしまいます。
さらに、洗顔のし過ぎや刺激の強い商品を使ってしまうことで、肌から必要な皮脂までもが取り去られ、乾燥しやすくなるため少しの刺激にも敏感になってしまうので注意が必要になってきます。
対処法としては、石鹸などはなるべく早く洗い流すようにして肌の上にとどまる時間を短くする、コットンやタオルで顔をゴシゴシこすらない、洗顔の時に顔をこすりながら洗わない、などのことが挙げられます。

 
これらはすべて肌に刺激を与えないようにするためであり、これが肌が弱い人にとってはメイク落としの過程で一番大切なことです。
メイク落とし用品の種類としては、ふき取りタイプよりも洗い流すタイプの商品の方が肌への刺激は少なくて済みます。

 
また、洗顔石鹸は固形のものが肌に優しいです。
液体タイプのもののほうが固形タイプよりは泡立ちますが、液体タイプのものは界面活性剤が入っているため肌には優しくありません。
肌の弱い人は自分に合った商品がわからないということも多くありますが、そのような時はサンプルをもらって試してみるなど、少しずつ適している商品を探すようにする工夫も必要です。

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。