‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

いろいろある!クレンジング

2015/02/16

それでは実際にはどのようなクレンジングがあるのでしょうか?

※オイルタイプ
 高い洗浄力で落としにくいメイクも落とすことが出来ます。
 肌になじみやすくて使いやすい。
 しかし、海面活性剤を多く含むのでお肌への負担も…。

※ローションタイプ
 コットンに含ませ拭き取りながら使用します。
 コットンで拭き取る時に摩擦が生じるため肌に負担をかけてしまうことも…
 エタノールなどのアルコールを多く含んでいます。

※クリームタイプ
 クリームを手にとり、顔の上でなじませて使用します。
 なじませた汚れを流すタイプ・拭き取るタイプなどがあります。
 肌への負担は少なめ。比較的どんな肌質でも使いやすい。

※ジェルタイプ
 よく伸びてなじませやすく、さっぱりとした使い心地が徳地陽。
 落としにくいところが難点。

※ミルクタイプ
 洗い流しタイプ拭き取りタイプがあります。
 刺激が少ないので肌への負担は少なく、洗浄力はそんなに高くありません。
 
※シートタイプ
 拭き取って使うタイプ。
 拭き取る時の摩擦で肌にダメージを与えやすく、シミなどの原因にもなりやすい。
 持ち運びが出来るので場所を選ばず使いやすい。
 どちらかと言えばデイリー使いより、携帯用に向いています。

あなたにピッタリのクレンジングが見つかりますように! 

クレンジングが大切なワケ

2015/02/05

女性にとってメイクは必須!
とくに働く女性は毎日メイクをします。
メイク用品に気を遣う方は多いと思いますが、クレンジング用品選びはおろそかに…なんてことや、疲れて家に帰ってきてメイクを落とすのが面倒で、そのまま落とさずに寝ちゃったり…ってことありませんか?

私たちは化粧水や乳液、保湿クリームなどでスキンケアをします。
何気なくおこなってしまいがちですが、実はクレンジングもスキンケアの一部。
メイクや皮脂など一日の汚れをきちんと落としてあげる事でお肌をリセット状態に出来ます。
リセットされてはじめてスキンケアへの準備が出来るわけです。

メイクなどの汚れが残っていると、肌にも負担をかけ、毛穴を詰まらせる原因にも…。
その結果肌トラブルを引き起こしかねません。

しかし、クレンジングと言っても種類は豊富でタイプもさまざまです。
乾燥肌、オイリー肌、敏感肌などの肌のタイプ、年齢によっても選ぶクレンジングはそれぞれ違います。
クレンジング剤もオイルタイプ・ジェルタイプ・リキッドタイプ・クリームタイプなどなど沢山種類があり、使い方にもそれぞれ特徴があります。

美しく健康な肌を保つためには、自分に合ったものを見つけましょう。

朝洗顔 ~洗顔料を使って洗う~

2015/01/29

≪洗顔料をつかって洗顔する≫

洗顔料を使って洗顔する場合、いくつかのポイントがあります。
洗顔を始める前にキレイに手を洗うことです。
手が汚れているとなかなか泡立たなくなってしまいますので気を付けてください。

洗顔料をよく泡立てて下さい。
泡立てネットを活用すると泡立てるのがとても簡単に。(泡立てネットも清潔にしておきましょう)
ココでのポイントはふわふわ・もちもちの泡をイメージして作ってくださいね!

顔を洗う時は、指でゴシゴシ強く洗わない事です。
Tゾーンなどのオイリーな部分から泡で優しく、泡で汚れを吸着していくように洗いましょう。
泡をすすぐ時は35℃くらいのお湯。
泡が残らないようにしっかりすすいでください。こめかみや髪の生え際などは泡が残りやすいので丁寧にすすぎましょう。

しかし、ここで注意しなければいけない事があります。
洗浄力の強い洗顔料や洗いすぎなどはお肌の潤いを損なう原因になってしまいます。
もともとお肌が持っている天然の保湿成分や角質層のセラミドを余計に落としてしまっては、乾燥などの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

洗顔料を使うのか、使わないのか?
あなたのお肌にとって良い方法を見つけてくださいね。

朝の洗顔 あなたはどっち?

2015/01/16

朝洗顔、洗顔フォームなどの洗顔料を使って顔を洗っていますか?
それとも、お水かお湯でだけで顔を洗っていますか?

≪お湯で洗顔するだけ≫

私も数年前にたまたまテレビを見ていて知ったのが、ゆるめのお湯だけで朝洗顔する方法。
有名な美容アドバイザーの方がおっしゃっていました。
そんなのアリ!?と驚きましたよ。

なんでも、夜のスキンケアでしっかりお手入れしているなら、朝は不要な老廃物が出てきているだけなんだとか!
洗顔のやり方はとっても簡単
ぬるめのお湯(30℃くらい)で20回程度顔をすすぐだけ。
顔の中心から外側にむかって生え際まで優しく丸く洗うのがコツ。

週に一度はスクラブ洗顔などで角質ケアするとさらに生き生きとした肌作りが出来ますよ。

しかし、お肌は寝ている間に皮脂が分泌されます。
皮脂は皮膚の表面にいる常在菌によって分解されます。
分解されて「変性皮脂」に変化してしまいます。
この「変性皮脂」はお肌に負担をかけてしまうのです。

他にも、まくらやカバー、シーツなどが汚れているとホコリ・ダニ・雑菌が繁殖し、これらの汚れが顔の皮膚についてしまうことも…
こうした汚れはお湯だけの洗顔で落とし切るのはなかなか難しいのかもしれません。

間違った洗顔方法

2014/12/29

毎日当たり前のようにおこなっている洗顔。
気付かないうちに間違った洗顔をしている方もいるかもしれませんね。
間違った洗顔はお肌のトラブルのもとになってしまいますよ!

洗顔料をしっかり泡立てていますか?

泡によって肌の汚れを落とします。指や手が肌になるべく触れないようにクッションの役割もしてくれるので、泡立て用のネットなどを活用してしっかり泡立てましょう。

力をいれて顔を洗っていませんか?

手や指に力を入れてこすり洗顔すると、お肌を傷つけてしまいます。
必要以上に皮脂を落としたり、角質層にダメージを与え、たるみやシワ、シミをつくるなどの老化の原因につながります。

日に何度も洗顔していませんか?

洗いすぎで皮脂や保湿成分を奪ってしまいお肌が乾燥状態に。
1日3回以上洗顔している場合は洗いすぎです。
せいぜい1日2回までにしましょう。
また、洗顔料を選ぶ時も刺激の強いものや、洗浄力の高いものは避けた方が良いでしょう。
色々なタイプの洗顔料があるので、自分に合ったものを選びましょう。

しっかりすすいでますか?

32℃くらいのぬるま湯で20回以上すすぎましょう。
ここで熱めのお湯は使わないようにしてください。乾燥の原因になってしまいますよ!

肌に負担をかけない洗顔

2014/12/23

お肌にとって大切なものを必要以上に落としてしまう洗顔を長い間続けてしまうと…

肌のトラブルやシワやたるみなどを引き起こしてしまいます。
また、歳を重ねるにつれ肌が変わっていくのに、10代、20代の頃と同じ洗顔ではお肌によくありませんね。

年齢やお肌にあった洗顔を心掛けるようにしましょう。

正しい洗顔とは?

まずはしっかり手を洗うことです。
手に汚れが付いたまま泡立ててしまうと、洗顔料が手の汚れを落とすので泡立たなくなってしまいます。

良く泡立てた泡で(きめ細かい泡を作るのがコツです。)包み込むように、優しくなじませましょう。
汚れをしっかり落とそうとゴシゴシ洗いがちになってしまいますが、必要以上に皮脂や潤いを落としてしまうと、お肌が乾燥してしまいます。
手指で強くこすって洗顔すると肌には負担がかかりますので、なるべく指が肌に触れないようにするのがポイントです。

すすぐ時は、肌に泡が残らないようしっかりすすぎましょう。
この時、熱めのお湯ですすがないように!皮脂を落としすぎてしまいますよ。
32℃くらいのぬるめのお湯で洗い流すのがベストです。

水気をとる時は、タオルでゴシゴシ擦ってはいけません。
顔をおさえるように優しくふき取ってあげましょう。

洗顔料の種類

2014/12/20

洗顔は毎日のスキンケアのキホンですね。
洗顔料にはさまざまなタイプがありますが、どのようなタイプがあるのでしょうか?

洗顔料にはフォームタイプ、固形石鹸タイプ、ジェルタイプ、泡タイプなどの種類があります。

フォームタイプ
チューブ入りのものがほとんどです。よく見かけるタイプの洗顔料です。
スクラブ入り、保湿成分入り種類も多いです。

固形石鹸タイプ
アルカリ性で洗浄力が強めでさっぱりした洗い上げのものや、
天然成分、美容成分を配合したもの、無添加のものなど、種類も豊富。
マルセイユ石鹸はオリーブオイルをはじめ、100%天然素材で作られています。
肌のタイプによって選びやすいです。

ジェルタイプ
洗浄力が高めのものが多いです。泡立ちやすいのも特徴。
すすいだ後にぬるぬるする場合は、肌に洗顔料が残っている可能性があります。
しっかりすすいで洗い流してください。

泡タイプ
はじめから泡の状態で出てくるので、泡立てる手間も省けて使いやすいです。
キメ細かい泡での洗顔が出来ます。

効果が強すぎても弱すぎてもお肌にはよくありません。
刺激の強いものなどは肌にダメージを与えることもあります。
沢山の種類の中から自分に合った洗顔料を選ぶようにしましょう!

ニキビと洗顔

2014/12/15

思春期のニキビ、大人になってからのニキビ・・・一度はニキビで悩んだことがあるのではないでしょうか?

ニキビを治したいと強く思うあまりに、洗浄力の強い洗顔料や一日に何度も洗顔をする。なんてことはありませんか?

ニキビの原因はさまざまな要素があり、人によって原因が違います。
例えば、思春期のニキビの場合、成長期に成長ホルモンの分泌が一時的に増えてしまうので皮脂が過剰に分泌されます。そのため毛穴が詰まりやすくなり、皮脂を好む菌が繁殖。
おでこや鼻の周りのTゾーンに出来やすいのが特徴です。

一方、大人のニキビの原因は、睡眠不足や不規則な生活。
偏った食生活、疲れやストレスなど…原因も複雑です。

洗顔料を選びで注意することは、必要以上に皮脂や潤いを落とさない事です。
汚れをしっかり落とすことは大事ですが、洗浄力が強いものを選んでしまうと刺激が強く、逆にニキビを悪化させてしまうことがあります。

洗い方にもポイントがあります。
手や指で力を入れてゴシゴシ洗顔するのはNGです。
ニキビを悪化させるほかに、シワの原因にもなりかねません。
洗顔ネットなどを利用してしっかりと細かい泡を作り、泡で優しく洗うようにしましょう。
タオルで顔を拭くときもゴシゴシこするのではなく、肌に当てて優しくおさえるように水気を摂りましょう。

泡立てネットは雑菌だらけかも

2014/01/07

洗顔には泡立てネットが欠かせません。なぜならば、洗顔石鹸を軽く手のひらにつけてネットを揉むようにして泡立てればふわふわの泡が出来上がるため、大変便利な美容アイテムだからです。洗顔は手でゴシゴシ洗うと必要な角質まで傷つけてしまい、肌が乾燥しやすく肌荒れになりやすくなってしまいます。

 

しかしながら、ネットで泡立てた洗顔石鹸で顔を洗えば、肌を木津つけることなく優しく洗顔することができます。大変便利なネットではありますが、このネットの管理の仕方によっては雑菌だらけになってしまう恐れがあります。お風呂場に置きっぱなしにしているとネットが乾く暇もないので雑菌が繁殖してしまいかねません。

 

また、泡立てる際に手に付いている汚れや皮脂がネットに吸着することから、使用後は綺麗に洗って日当たりの良い所に干しておくことが好ましいです。せっかく顔を綺麗にしようとしても汚れたネットを使うことで汚れを顔につけてしまうことになります。よって、洗顔の後には顔を洗うことだけでなく、ネットもきれいなお湯または水で洗い流すようにすることが大切です。美容ケアアイテムは肌に触れることが多いので、出来る限り清潔な状態を保っておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

洗顔料の選び方

2014/01/07

プロのメイクアップアーティストの方は使用する化粧品を選び方に3つのポイントを元にします。1つはUVケアがきちんとできる化粧品、2つ目は弱酸性の化粧品であること、そして最後に保湿力の高いクレンジングと洗顔料です。この3つの中で一番重要なのが最後の保湿力の高いクレンジングです。

 

メイクの落ちが悪いと毛穴に化粧品が詰まってしまいます。すると、毛穴の開きの原因になったり、毛穴に詰まった老廃物が空気に触れて酸化し、黒ずみの原因になってしまいます。クレンジングの効果が変わってきます。一番お勧めなのは保湿力がたかく、肌負担の少ないものです。オイルクレンジングは酸化しているので、肌に塗ることで肌が老化してしまいます。また必要な皮脂までおとしてしまうので、更なる乾燥や皮脂の余分な分泌を促してしまいます。

 

拭き取りシート系はゴシゴシさせてしまうため、色素沈着やシワの原因になってしまいます。比較的クレンジングはクリーム状のものが一番お勧めです。そしてたっぷりの泡を泡だてて顔の汚れなどを落とします。顔はゴシゴシ洗わずに顔全体に乗せてしばらく経つそのままにします。ピーリング効果もあり、毛穴の汚れを綺麗に落としてくれます。この選び方を参考にもしてください。