クレンジングの役割

水分を多く含んだ肌は、透明感にあふれて年齢よりも若く見えます。
肌は、28日周期で生まれ変わっていると言われています。
その周期のことを、肌のターンオーバーといいます。
この周期は、加齢によって一日ずつ伸びていきますが、個人のもつ肌の質の影響を受けます。
物理的な刺激や強いスキンケア用品などで、角質が育たないうちに剥がれてしまう場合があります。

 
そうなると肌がむき出しの状態になり、少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。
肌がむき出しになることで、肌が持つ保水機能がうまく働かなくなり、乾燥した状態を作り出します。
乾燥した状態が長く続くと、肌は刺激を受けやすくなり、敏感肌になってしまいます。
自分の肌に合った無理ないスキンケアをすることで、角質は育っていきます。
代謝も良くなり、ターンオーバーの周期に合わせていらなくなった角質が剥がれ落ち、健やかな肌を保ちます。

 
クレンジングの役割には、メイクを落として肌を清潔にすることと、肌のいらなくなった角質を落とし肌を健やかにする役割があります。肌のターンオーバーを高める役割をします
そのためには、自分の肌に合ったメイク落としを使うことが重要です。
強いメイク落としは肌のトラブルになるので、注意することが大切だと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。