泡立てネットは雑菌だらけかも

洗顔には泡立てネットが欠かせません。なぜならば、洗顔石鹸を軽く手のひらにつけてネットを揉むようにして泡立てればふわふわの泡が出来上がるため、大変便利な美容アイテムだからです。洗顔は手でゴシゴシ洗うと必要な角質まで傷つけてしまい、肌が乾燥しやすく肌荒れになりやすくなってしまいます。

 

しかしながら、ネットで泡立てた洗顔石鹸で顔を洗えば、肌を木津つけることなく優しく洗顔することができます。大変便利なネットではありますが、このネットの管理の仕方によっては雑菌だらけになってしまう恐れがあります。お風呂場に置きっぱなしにしているとネットが乾く暇もないので雑菌が繁殖してしまいかねません。

 

また、泡立てる際に手に付いている汚れや皮脂がネットに吸着することから、使用後は綺麗に洗って日当たりの良い所に干しておくことが好ましいです。せっかく顔を綺麗にしようとしても汚れたネットを使うことで汚れを顔につけてしまうことになります。よって、洗顔の後には顔を洗うことだけでなく、ネットもきれいなお湯または水で洗い流すようにすることが大切です。美容ケアアイテムは肌に触れることが多いので、出来る限り清潔な状態を保っておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。