洗顔料の種類

洗顔は毎日のスキンケアのキホンですね。
洗顔料にはさまざまなタイプがありますが、どのようなタイプがあるのでしょうか?

洗顔料にはフォームタイプ、固形石鹸タイプ、ジェルタイプ、泡タイプなどの種類があります。

フォームタイプ
チューブ入りのものがほとんどです。よく見かけるタイプの洗顔料です。
スクラブ入り、保湿成分入り種類も多いです。

固形石鹸タイプ
アルカリ性で洗浄力が強めでさっぱりした洗い上げのものや、
天然成分、美容成分を配合したもの、無添加のものなど、種類も豊富。
マルセイユ石鹸はオリーブオイルをはじめ、100%天然素材で作られています。
肌のタイプによって選びやすいです。

ジェルタイプ
洗浄力が高めのものが多いです。泡立ちやすいのも特徴。
すすいだ後にぬるぬるする場合は、肌に洗顔料が残っている可能性があります。
しっかりすすいで洗い流してください。

泡タイプ
はじめから泡の状態で出てくるので、泡立てる手間も省けて使いやすいです。
キメ細かい泡での洗顔が出来ます。

効果が強すぎても弱すぎてもお肌にはよくありません。
刺激の強いものなどは肌にダメージを与えることもあります。
沢山の種類の中から自分に合った洗顔料を選ぶようにしましょう!

コメントは受け付けていません。