メイクをしたまま寝てしまったら

帰宅してお化粧をすっきりと落して、その後スキンケアをしてから眠るというのが理想的です。でも、忙しい時や疲れてしまってどうにも眠くて仕方がない時など、気が付いたらメイクをしたまま眠ってしまっていた・・・そんな経験を持つ女性は少なくありません。メイクをしたまま眠ってしまうのは、確かに肌に負担をかけ、場合によっては吹き出物などの肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

 

特にアイメイクなどはもともととても落としにくいアイテムを使っているのできちんとメイク落としをしておかないとシミなどのトラブルにつながってしまうこともあります。メイクをしたままで眠ってしまった翌日には、丁寧に洗顔をした後、無理をさせてしまった肌をいたわるためのケアがおススメです。洗顔後の肌はそのままにしておくと乾燥気味になるので、肌をいたわるためにはたっぷりと保湿できるスペシャルケアが必要です。

 

いつもの化粧水をつけた後、シートに美容液成分がたっぷりと配合されたマスクを15分ほど肌に置くようにしてなじませます。シートマスクがない時には化粧用のコットンを水に浸して水分を搾り、少し濡れた状態のコットンに普段使っている化粧水や美容液などを浸したもので肌をパックするのもおススメです。たっぷりと潤いを補給できて疲れたお肌がよみがえります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。