オイル、ミルク、ジェル、クリーム、ふきとり、泡の違い

スキンケアの中で一番大切なのが洗顔です。ここで言う洗顔はメイク落としから泡で洗う洗顔までのことを言います。何を使ってメイクを落とすのか、どのくらい泡立てて顔を洗うのかで、化粧水などの浸透やメイクノリが左右されます。メイク落としにはさまざまな種類がありますが、選ぶ時には保湿性か高く、メイクがよく落ちるものを選んでください。

 

オイルやシートのメイク落としは必要な皮脂まで落ち過ぎてしまったり、こすることで色素沈着してしまうなどのトラブルが起こりやすいです。またジェルタイプの製品もありますが、保湿力が低いのでおすすめできません。また目元は擦らずに落ちるポイントメイク落としで優しく落とします。肌の負担が少なく、保湿力の高いものとしてミルクやクリームタイプの製品を選んでください。

 

ミルクタイプは寒いところに置くと固まってしまうので、マッサージするようによくほぐして乳化させてください。また、洗顔は手のひらに乗せてひっくり返しても落ちない位もっちりと泡に泡だて、顔全体に広げます。そのまま3分ほどパックした洗い流して洗顔終了です。洗顔は泡立ちがとても大切です。水分が多い泡は毛穴のの中の汚れまでとってくれません。

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。